【読書】働く人の夢

こんばんは。ダイエット計画が圧倒的に進みません。心が折れそうな あずき(@azucky824)です。昨日の夜中に豚骨ラーメン食べてしまったのが元凶です。。。。


 


さて、24日目の更新です。はりきっていきましょう。今日はブログを立ち上げたらやりたいなぁと思っていた読書メモをやります。日記と同じく、テンプレートを用意してそれにそってやっていきます。


 


去年は一年で100冊読むのを抱負にしてなんとかやり遂げましたが、今年は今日の時点でまだ41冊。まぁいろいろとあったけれど、絶望的に本を読んでないんですねぇ(汗)今年はまぁ最低でも45冊、できれば50冊は読みたいんだけど、、、難しそうですね。来年の抱負にまた掲げたいと思います。


 


さて、今回よんだ本は




<本書の概要>
仕事をしている人に作文を書いて貰っている。やりがいとか。

<本書の特徴>
フォトカードとかで有名な「きむ」さんが参加しているので、楽しげな写真と文字の読みやすさがある。

<読後感>
人それぞれ本当に考え方がちがうなーと思った。ちょっとワクワクした。

<オススメしたい対象者>
社会人経験ない人よりは、今働いていて、ちょっと悶々としてる人に向いてるんじゃないかなーと思った、

<読む前の印象と読んだ後の印象>
本のデザインに惹かれて買っただけなのだけど、短くて読みやすかったのでさくさく進められた。

<本書のテーマに対する自分の考え方の変化>
「働く理由」なんてのは人それぞれなんだなぁーと思った。

<本書のテーマに関して私が置かれた状況>
自分でこれから、仕事を作っていかなきゃならない。不安もあるけれど、やっぱり楽しみでもある。

<その状況に本書をいかに活用するか>
自分自身の、「働く理由」とか「やりがい」とか「夢」とか、そういうのをじっくり探して行こうと考えるようにした。

<本書のユニークな活用法>
これから色んな人と出会って行くなかで、同じように笑顔の写真と働く理由や夢をきいてみたいなとおもった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であずきをフォローしよう!