[αź]【行きたい】江戸東京たてもの園で「ジブリの立体建造物展」がやるよ!!7月10日から!

どうも。元住宅営業マンのあずき (@azucky824 )です。

また面白いイベントを発見しました。

その名も「ジブリの立体建造物展」!!!まずはこちらを御覧ください。↓↓素敵なポスターになってます。

NewImage

公式の告知はこちら↓

現在の展示│江戸東京たてもの園
チラシ 裏面(PDF)はこちら …

公式より引用:スタジオジブリ作品に登場する様々な建物にスポットを当てた展覧会。ミニチュアを中心とした立体作品をはじめ、映画に登場する建物の設定資料、背景画といった美術資料などを一堂に展示します。

、、、とのことで、どうやらジブリ映画に登場する建物のミニチュアや原画などが見られるようです。

僕は建物が好きだ

冒頭でもお話したように、僕はもともと住宅の営業マンをしていました。建造物が大好きなんです。外観も中身も、本当にしっかり作れば住んでいる人の人生が変わるものだと思っているし、家はその人の人柄も見えてくるものだと今でも考えています。

だからぼくは、そこで暮らしている・仕事をしている人間もひっくるめて、建物が好きだなぁと思います。特に、それが「作られた意図」を感じるものがとてもツボなんです。おそらくそこで生活する人の人生を垣間見れるからでしょう。

んで、今回ジブリの建造物についての展示なんですよ。ジブリってすごく詳細に建物を描いてくれてて、住みたくなるような素敵な家ばっかりですよね。まどりとかも見れるのかなー。ワクワクがとまらない!

江戸東京たてもの園

ちょっと説明が遅くなりましたが、会場になっている「江戸東京たてもの園」。実はここも建物好きにはたまらない場所なんです。

なにが面白いって、明治時代くらいの建造物がいろいろ見ることが出来るんです。

明治時代って、すこしずつ日本風の文化から西洋の文化がミックスしていく時期で、その次代の建物って結構ね、ロマンがあふれているんです。

年代別に見れば、日本風の家からだんだん西洋の文化を取り入れていく様子がわかります。そしてそもそもがお金持ちのお家だったもののようで、部材もいいものが使われているので、それだけでも見る価値があります。

時代のロマンを感じたいときはいいですよー。たしか近くに大きな公園もあったので、そこでゆっくりするのもいいでしょう。素敵なお散歩をしていただければと思います。

【まとめ】好きなものを語れるようになりたい

7月の10日からということですが、前売り券がすでに販売しているようです。ぱっと見た感じお得感はないので、当日でもいいのかもしれません。先着でスケッチブックがついてくるみたいなので、それ目当ての方は急いだ方がいいかもです。

園内の建造物自体は写真もOKだったと思うので、カメラを持っていくと幸せかもしれません。土地が結構広いので歩きやすい靴と飲み物など持って行くといいと思います。

僕もタイミングを見つけて、かならず行ってみたいと思います。レポートをお楽しみに!

では今日はこのへんで!あずき (@azucky824 )でした。

この記事を書いた人

azucky824

1987年生まれ ゆとり第一世代。実家は千葉で代々漁師の家系。
大学で上京し、住宅営業マンを経て現在は理学療法士を目指して専門学校生。
好きなものを語る場としてこのブログを管理・運営してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします