[αź]アクセスアップ目指して、IFTTTでブログ更新を画像付きツイートする設定をしてみた!

PAK86 yabainomicyatta20131223500

どうも。あずき (@azucky824 )です。

こちらの記事で書いたように、アクセスアップに取り組んでいます。

[αź]ブログ管理もこなれてきたので、アクセスアップを本気で目指してみる。第一弾はとにかく記事を書くこと!!

まずはたくさん記事を書こう。ちゃんと更新しよう。と決めたわけですが、それと平行して、「読んでみようかな」と思ってもらうための工夫もしていきます。

更新をお知らせする

以前から、ブログを更新したらTwitterでお知らせするように設定していたのですが、いつも読ませてもらっているあかめさんの記事を読んでこんなこともできるのか!とびっくりしました。

[Å] 注目度UP!IFTTTを使って自動で画像付きツイートを流す方法をお試しあれ! | あかめ女子のwebメモ

ツイートに記事の写真を組み込めるとのこと!早速試してみます。

便利なIFTTT!

まず使うのがIFTTTというサービス。

Put the internet to work for you. – IFTTT

サービスの説明はWikipediaより引用しておきます。

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。

今回はこちらのサービスを使って、RSSフィードとTwitterを連携させていきます。

作業開始!

IFTTTはiPhoneアプリでも出ていますが、今日はMacから作業していきます。大体使い方は一緒なのでアプリ版でもできると思います。

IFTTT IFTTT
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


さて、でははじめましょう。

Create Recipe IFTTT

「this」の方から設定していきます。こちらは「トリガー」という部分で、登録したものがきっかけとなって、「that」の部分で行動を起こしてくれます。

Create Recipe IFTTT

ここでは自分のブログのRSSフィードを登録していきましょう。

Create Recipe IFTTT

左側を選択して次へ進みます。

Create Recipe IFTTT

RSSフィードを入力して登録します。

Create Recipe IFTTT

今度はブログが更新されたら起こるアクションを登録していきます。

Create Recipe IFTTT

アクションはTwitterです。

Create Recipe IFTTT

いくつか選択肢がありますが、ここでは「Post a tweet with Image」を選択。英語が読めなくてもなんとかなります。

Create Recipe IFTTT

この画面ではツイート内容を編集できます。この状態だと記事タイトルと画像のみですので、+マークからURLも追加して少しだけ内容をいじりましょう。

前述のあかめさんの記事を参考にしました。

Create Recipe IFTTT

最終的にはこんな感じで落ち着きました。

Create Recipe IFTTT

最後は「Create Recipe」を選択して完了です。

【まとめ】ちょっとの工夫を積み上げる

ほんとに、いろんなことができるんだなーと関心してしまいました。

こういうちょっとした工夫を積み上げるのが大事なのかもしれませんね。勉強にしてもブログにしても、できることを確実に続けていきたいと思います。

ではこのへんで。あずき (@azucky824 )でした!

この記事を書いた人

azucky824

1987年生まれ ゆとり第一世代。実家は千葉で代々漁師の家系。
大学で上京し、住宅営業マンを経て現在は理学療法士を目指して専門学校生。
好きなものを語る場としてこのブログを管理・運営してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします