[αź]2018年の振り返り

DSC03626

どうも。お久しぶりです。あずき (@azucky824です。

新年になって2週間たちましたが、あけましておめでとうございます。

昨年2018年もいろいろありました。忙しさにかまけてほとんどブログにくみする時間をとらないまま終わってしまった印象もありました。

今年は少しずつではありますが、時間を割いて行こうと思っています。まぁそんな反省も含めつつ、今日は昨年の振り返りをしてみたいと思います。

理学療法士としての1年間

まず昨年の一大トピックは、「理学療法士合格」と、これに尽きると思います。

昨年の1−2月についてはだいぶやる気をなくしながらも国家試験の勉強はしていて、実際に本番を迎えたものの、自己採点では合格点ギリギリ。

国家試験直後から、内定先の病院では一足先にバイトをさせて頂いて、3月末の合格発表では、番号があることに本当にホッとしました。

合格してからは、本当に忙しくて、理学療法士として患者さんの治療はもとより、新人なので勉強もたくさんしなくちゃいけないし、新しい人間関係も構築しないといけないし、10月くらいまでは毎日てんやわんやした状態でした。

9月〜10月あたりで少しずつ余裕が出始めて、全体的なことよりは、1件1件個別なケースについて考えることもでき始めました。

このあたりは、新人の理学療法士に役立つ情報になりそうなので。また別の記事にしたいと思いますが、考える道筋が立ち始めた、というのはとても大きな一歩だと思っています。

2018年にやってみた感想としては、やりがいは十分にあるな、というのが一番の感想です。

ブロガーとして

さて、ブロガーとして1年を振り返ると、過去最高に更新できなかった1年間でした。

忙しさにかまけてしまった、というのもそうなのですが、インプットばかりしているわりにアウトプットできるほどの実入りがなかったなーというのが大きなところ。

理学療法士の勉強って、それだけ知ってても正直全然役に立たないって感じの知識が多くて、ケーススタディとか、実際の臨床現場の話を交えないと成り立たない、ってことが多々ありました。

つくづく、新人理学療法士レベルでは書くことがあまりないなーと。

ただ、可能性はものすごく秘めている業界・業種だなと思っているのも事実で、僕自身が勉強した内容だとかのメモを、もっともっと新人向け・一般向けに書く方法はいくらでもあるとも思ってるんです。

今年は、実は別サイトを用意している最中でして、ある程度コンテンツがまとまり次第しっかりと稼働させていきたいなーと考えています。

人間として

最後に一人の人間として。

しれっとここに書きますが、実は2017年頭に結婚しまして、その後子供も生まれています。

2018年はその子の成長を見守りながら、父として、関わる人間の一人としてとてもたくさんのことを学ばせてもらった気がします。

子育ての様子は、ほぼ、というか完全に日記レベルの文章でしかありませんが、別ブログにしてちょこちょこ書いていまして、よければそちらも読んでもらえるととても嬉しいです。

最後に

ブログは書いているととても楽しい。楽しいのは間違いないのだけれど、しばらく書いていないとハードルが上がったり、内容を吟味し始めたりしちゃいます。

結局、このブログ自体自分のエゴの塊で、多分だけど僕のことが嫌いな人は読むことないと思うので、今年は好き勝手に書いてやろうと思います。

上にいろいろ書きましたが、このブログと別に、健康関連で1つ、子育て関連で1つと、計3つのブログを立ち上げて管理するつもりでいるので、いろいろと躓くこともあると思いますが、年始くらいは頑張ってみようと思いますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

明日は、今年の抱負とか目標とかについて書いてみたいと思っているので重ねてお願いいたします。

この記事を書いた人

azucky824

1987年生まれ ゆとり第一世代。実家は千葉で代々漁師の家系。
大学で上京し、住宅営業マンを経て現在は理学療法士を目指して専門学校生。
好きなものを語る場としてこのブログを管理・運営してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします