[αź]丸々2年以上使ったお気に入りのシェーバーの刃を変えてみた。

ども。あずき (@azucky824です。

今日は以前当ブログで紹介してからずっと愛用しているシェーバーがだいぶ年季が入ってきたのでメンテナンスをしてみた話。

愛用のcleancutというひげ剃りの紹介は↑

2年使ってこんな感じになっちゃいました。

2年間使って、なんかなかなか剃り残しが多くなってきたなと感じて改めてみて見ることにしました。

わかりますかね?ちょっと歪んでしまっているんですよ。

角度を変えたらよく映るようになりました。写真から向かって左下側にボコボコがあるとおもいます。

僕の管理が悪くって、手を滑らせて落ちてしまった時に大きく凹んでしまった部分なんですよね。

今回購入した替刃は、その凹んだ内蓋?のところも含まれているんですよ。

まぁ手で押せばベコベコいうくらい脆い部分なので、それを想定してのパッケージになっているのではないでしょうか?

変え方は本当に簡単で、今のやつを外して付け替えるだけ。とてつもなくシンプル。

剃り心地は変わったの?

まず一番驚いたのは、静音性。やはり凹んでいたからでしょう、今まではうるさかったんだなーと、慣れてしまっていて気がつかなかったところが鮮明に浮き彫りになりました。

そう、このシェーバーはとても静かだった!

そしてもちろん、替刃そのものの性能もよく、剃り残しはかなりなくなりました。

シェーバー自体の説明書には2年を目安に変えてくれと書いてありましたが、2年でこれだけ変わるんだなーと。

1000円くらいの費用だったので、やはりある程度の期間で変えておこうと思いました。

あとがき

新しい刃になってから本当に快適です。

このシェーバー自体も高価なものではありませんが、とても使い心地が良いので、ぜひ普段使いにも旅行用にもご検討ください。

それではこのへんで!

Posted from SLPRO X for iPhone.

この記事を書いた人

azucky824

1987年生まれ ゆとり第一世代。実家は千葉で代々漁師の家系。
大学で上京し、住宅営業マンを経て現在は理学療法士を目指して専門学校生。
好きなものを語る場としてこのブログを管理・運営してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Twitter でフォロー