[αź]トレーナーという仕事について1年。学んだこと、感じたこと。

C812 ranningucyunodansei500 おはようございます。フィットネスクラブのトレーナーで、夜間は理学療法の学生をやっています。あずき (@azucky824 )です。

今日から4月に入りましたね。なにげに、僕は今の仕事であるトレーナー業を始めて1年たちました。前職の住宅営業からまったく違う業界へと転職して、てんてこまいだったこの1年。

たくさん思うこともあったし、新しい世界はとても明るかった。

正直ボクは、今みたいな身体に寄り添う仕事が天職だなと日々感じています。今日は少し、思ったことなどまとめてみたいなと思って記事にすることにしました。

人間の不思議な魅力

早速話がとんでしまいますが、実は人間観察が昔っから好きでした。

今見せている行動から、その方の人となりとか人生を想像(妄想?)するのが楽しくて、だから新卒で営業の仕事を選んだんですね。

この仕事を始めて、「あぁ、自分は人間が好きなんだなぁー」と感じました。それが好きな人はもちろん、嫌いな人や苦手な人もとても興味深く、とても有意義なもののように思えてなりません。


この仕事を始めてから、人の動きや身体の状態(歪みなど)を見ることも増え、プライベートでも人間観察のひとつの要素として見るようになりました。それによって、さらに僕の観察想像力は掻き立てられます。

あーこの辺の筋肉固そうだなーとか、この人ここ痛めてて、これから先このあたりにイタミが出てくるんだろうなーとか。それを踏まえて、普段こういう生活してるんだろうなーなんて考え出します。

この一年間で、とてもとても人が好きになったように思います。今まで以上に。


武器がたくさん手に入った

トレーナーとしての仕事は、個人の身体の状態を診て動かしていくのが基本になります。的確な指示、的確なアプローチはもちろん大事。トレーニングの知識や言葉選びなど僕はたくさんのことを学んでできるようになった。

そして、人前で体操プログラムをやることあります。30分一区切りの時間で、いかに身体へ変化を起こさせるか、満足感を与えるか、トータルで納得してもらえるか。このあたりは非常に難しく、言葉遣いや声のトーンのように細かいところから、負荷のかけかたまで。今でもすごく悩みます。

そんな意味で、すごくいろんな経験をさせてもらったように思います。大勢の前で話すことも、一対一で話すこともする。一人のためだけにバシッとピンポイントで運動指導もするし、大人数にフィットするような体操プログラムもやる。時にはマッサージもするし、パートナーストレッチもする。健康教室で筋肉の話や肩こり腰痛のメカニズムを簡単にお伝えすることもあった。


この仕事で、僕はたくさんの戦う武器を手に入れた。

前職では得ることのできなかった、他の現場(会社)でも使えるようなスキルをようやく手に入れたように思う。もちろん、まだまだ未熟だし勉強過程なのだけれど。

自分というブランド

トレーナーという仕事は、半分個人事業みたいなところがあって。いい仕事をすればご指名で新しい仕事が舞い込むこともあります。

もちろんフィットネスクラブでのパーソナルトレーニングやカウンセリングはしていくのだけど、親戚や友人経由で外の仕事を受けることも。

特に、体操プログラムはリピーターの数が結構違ってきて面白いですね。最近はようやく固定客ではないけれどご指名をきちんといただけるようになってきて、少しずつ人に認められてきたなーと嬉しい限りです。

アウトプットの場

夜間で通っている理学療法学科の専門学校で学んだ知識を、いまの職場でどう活かせるかを常に考えるようになったのもすごく重要なことかなと思っています。

ただの「知識」としてのインプットじゃなくて、アウトプット前提で入れていくから、頭にすごく残ります。同時に、習ったことはすぐ使うようにして、なるべくわかりやすく説明できるようにしたり、実際に動かしてみて変化を感じさせたり、色々と試させてもらっていることもあります。

楽しい

色々とぐだぐだ話してみましたが、うん。やっててすごく楽しいんです。勉強してても楽しいし、苦手だけど接客してても楽しいし、体操やっててもパーソナルトレーニングしてても楽しいです。

そして、知らないことや知りたいことがすっごくたくさんあって。それを知るために毎日毎日、読んだり書いたり眺めたり動かしたりあらゆる方法で自分の身体と対話して、、、っていうのもすごく幸せな時間だったりします。

これから学業も進んで、もっと実技的なことも学んで。そしたら多分もっともっと楽しいことが増えていくんじゃないかなとすごく期待しています。


これを読んでくれている方々も、まずはストレッチから始めてみませんか?

まぁうまく身体と対話してやってください。ではあずき (@azucky824 )でした!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であずきをフォローしよう!