[⍺ź]ThumbEditとDropboxを連携させるスマートな方法。

こんばんは。あずき(@azucky824)です。

今日は暖かい一日でしたね(*´∀`*)あったかいのはいいことです。花粉症のみなさんには辛いかもしれませんが。

さて、僕は以前こんな記事を書きました↓↓
[⍺ź]ThumbEditに登録してるURLスキームをまとめてみたよ! (追記あり) | azucky_Log


あれからも各アプリとの連携は色々試していてですね、今日はDropboxとの連携について書こうと思います。

なぜDropboxと連携するの?

僕の場合、ほぼ全てのブログ記事をiPhoneで書き、ほぼ全てのメモもiPhoneでとっています。それぞれwordpressの下書きとしてアップしたり、Evernoteを活用したり、保存の仕方は色々です。

だけど、iPhoneだけじゃなくてiPadやMacやPCでもいじくりたい!とか、ThumbEditのバックアップ的な場所として、Dropboxを使ってみようと思い立ちました。

まずはアプリ

ThumbEdit - 親指テキストエディタ ThumbEdit – 親指テキストエディタ
価格: ¥250
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

Download


テキスト編集 Textforce for Dropbox テキスト編集 Textforce for Dropbox
価格: ¥350
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

Download


連携するURLスキーム

ThumbEditの連携のところに以下をコピって入れて下さい。

textforce://file?path=/Documents/Thumbedit/<_>.txt&method=write&text=<->&mode=w

☑内容の解説

これは完全に僕の仕様になっています。普段「するぷろ」をよく使うので、同じような操作感にしたくて、一行目をタイトルになるような設定にしています。

☑設定項目

ちょっとURLスキームを分解してみてみましょう。

↓まず共通する部分

textforce://file?

↓保存場所を指定

path=/Documents/Thumbedit/<_>.txt

僕の設定だと本文の一行目に「.txt」をつけたファイル名になっています。

↓ここも共通。

method=write

↓本文の内容

text=<->

一行目を除いた残りの文を本文へ指定。

↓上書きか追記か。

mode=w

パラメータを「w」から「a」にすると追記になります。

これらを「&」で繋いでやればオッケーです。

あとがき

僕はブックマークレットなんかもiPhoneで組んでるので、実行結果やらなにやらでファイル増えまくるんですよね。それを整理する目的で導入してみました。色々と設定変えて使いやすいように調整してみてくださいね。

そして明日から、ブログの更新を朝の7時にすることにしました!理由などは明朝の記事でお話しします。では、あずき(@azucky824)でしたー。

Posted from するぷろ for iOS.

この記事を書いた人

azucky824

1987年生まれ ゆとり第一世代。実家は千葉で代々漁師の家系。
大学で上京し、住宅営業マンを経て現在は理学療法士を目指して専門学校生。
好きなものを語る場としてこのブログを管理・運営してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします