[αź]【調布】久々の二郎系!油そばが食える「郎郎郎(さぶろう)」は猫舌でも楽しめる二郎だった。

ども。ラーメン大好きあずき (@azucky824です。

先日突然お腹いっぱいラーメンに食べたい衝動にかられ、すごく久々に二郎系のラーメン屋さんに行ってみました。

ちょうど帰り道の調布駅にあるのは知っていたのですが、初めて来てみました。

関連ランキング:ラーメン | 調布駅布田駅

駅から徒歩で5分もあれば充分たどり着ける距離です。近くに調布では有名な「たけちゃんラーメン」がある通りです。

△このお店。「郎郎郎」と書いて「さぶろう」と読みます。

なぜここに決めたかというと、1つは二郎系だったこと、そして油そばがある、ということです。

二郎系って量が多いのはいいんだけど、猫舌の僕としては、食べるのが遅くて最後はのびのびになってしまうのが最大の悩みでした。

それがここの二郎には油そばがあるというじゃないですか。スープがない、つまり伸びることがないんじゃないかな?っていう推測のもと行ってきたわけです。

郎郎郎の油そば

△入ってすぐにあるのは食券販売機。結構ごちゃごちゃしてますね。

△少しひきで撮るとこんな感じです。色々メニューがありますが、油そばと普通のラーメンの二系統があるようです。辛いのとかもあるので次に来るときは色々試してみたいと思います。

△もちろん、色々とトッピングは変えられます。今回は脂だけ少なめでほかは全て普通とオーダーしました。

△どん!と出てきたのは油そば(脂少なめ)の大盛りです。これで750円なんだから安いですね。

具としてはキャベツ・もやし、豚肉、チーズ、揚げ玉、卵黄が入っています。

△麺は割りと太めの平打ちみたいな感じです。まぁ油そばなのでとにかく混ぜましょう。

△混ぜた後はこんな感じ。これだけでも丼にパンパンに入っているのはわかるかと思います。

いただきます!

んで、実際に食べてみたわけですが、これは予想以上に油そばって二郎テイストの味にぴったりでした。特に入ってたチーズがとろけて美味しかったです。

量は大盛りにしたのを少し後悔したくらいボリューミー。ただ、汁がおもったよりあったので結構熱かったです。まぁ普通のラーメンよりは食べやすかったのでよしとしましょう。

二郎系の油そば、是非お試しあれ。

Posted from SLPRO X for iPhone.

この記事を書いた人

azucky824

1987年生まれ ゆとり第一世代。実家は千葉で代々漁師の家系。
大学で上京し、住宅営業マンを経て現在は理学療法士を目指して専門学校生。
好きなものを語る場としてこのブログを管理・運営してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Twitter でフォロー