[αź]ディズニー 夢と魔法の90年展! 夢の国の歩みを堪能できる素敵な展覧会でした!

IMG 0672
こんにちは。あずき (@azucky824 )です。

千葉出身の僕は、生まれた時から身近にディズニーの存在がありました。家族旅行といえばディズニーランドでしたし、保育園と小学校の遠足もそうでした。さすがに修学旅行は京都でしたが、高校生になってもクラス旅行とか日帰りでの旅行企画はだいたいディズニーランドでした。

デートに行くにしても、映画を見るか、ランドに行くかみたいなわりと極端な選択肢。あ、そういえばイオンに行くというのも田舎ならではのデートコースでした。

そんな当たり前すぎてありがたみが全くわかない千葉県民ですが、先日他県出身の友人に誘われて、「ディズニー夢と魔法の90年展」というものを見てきましたので記事にします。

ディズニー夢と魔法の90年展とは

公式サイトはこちらになります↓

ディズニー 夢と魔法の90年展 ミッキーマウスからピクサーまで – 展覧会&ギャラリー | 松屋銀座



説明

ミッキーマウスの生みの親であり、「白雪姫」や「ピノキオ」「シンデレラ」など数多くの長編アニメーションを世に送り出し、個人では最多のアカデミー賞®受賞を誇るウォルト・ディズニー(1901-1966)。1923年に創業したウォルト・ディズニー・カンパニーがミッキーマウスを誕生させてからおよそ50年後、夢を追い求め人々にインスピレーションを与え続けられるように、ウォルトとその会社に関する史料を収集・保存する「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」が設立されました。本展では、アーカイブス監修のもと、ミッキーマウスから実写作品の「パイレーツ・オブ・カリビアン」、また「モンスターズ・インク」などのピクサー作品まで、90年間に創り出されたアートや小道具類、コスチューム、模型のほか、セル画やフィギュアなど約800点を一堂に展観いたします。 「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。」-かつてウォルトが語った通り、未来に向けて創造し続けるディズニーの世界をお楽しみください。
公式サイトより引用。



場所は有楽町駅が最寄りの「松屋銀座」です。地図は以下を御覧ください。




入場料

一般1,000円、高大生700円、中学生500円
一般前売券700円、高大生前売券500円、中学生前売券300円 セブン-イレブン(セブン:027-932)、ローソンチケット(Lコード:31917)、チケットぴあ(Pコード:766-062)にて3月18日まで販売



今回は学生の前売り券だったので500円という破格のお値段で参加することが出来ました。

感想

IMG 0669 会場へ到着したのは17時ごろ。空いているかとおもいきや結構混んでました。


IMG 0671 会場前のパネル。ディズニーだけではなく、ピクサーとの共同作品であるモンスターズ・インクやトイ・ストーリーも展示されており、非常に見応えのある内容でした。

僕はあんまり昔の作品を知らなかったので、ピンとこない絵がたくさんありましたが、そんなの関係なく、とてもおもしろかったです。知らない作品はまた機会を見つけいて見ておきたいなと思うくらいでした。

まとめ

開催期間は4月7日まで、とちょっと短めですが、東京開催がこの期間なだけで、全国を回ってくれるようなので地方の方やスケジュールの合わない方はぜひ確認してみてください。

今度またディズニーの映画がやりますね。題名忘れてしまいましたが、「メリー・ポピンズ」を題材にしたもののようです。今回の展覧会はその布石とも言えるような内容で、その映画を見る前に抑えておきたい知識もまとまっていましたので、もし見る予定があるかたはこちらも行ってみてください。

では今日はこのへんで。あずき (@azucky824 )でした!

\役に立ったらシェア/